スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡でも和解勧告=全国2件目-B型肝炎訴訟(時事通信)

 集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者と遺族らが国に損害賠償を求めているB型肝炎九州訴訟の進行協議が26日、福岡地裁であり、西井和徒裁判長は双方に和解を勧告した。全国10地裁で争われているB型肝炎訴訟で和解勧告が出たのは12日の札幌地裁に次いで2件目。
 札幌での勧告を受けて、全国弁護団はすでに和解に応じる方針を決定している。原告数は24日の追加提訴で419人まで拡大しており、国側の対応が注目される。 

【関連ニュース】
チッソも和解受け入れ表明=被告3者そろう
性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知
熊本県も和解受け入れ=水俣病未認定患者訴訟
自立支援法訴訟、初の和解=原告「きょうからスタート」
LDH、旧経営陣と和解=賠償訴訟終結

生方副幹事長の解任決定へ=民主(時事通信)
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選(医療介護CBニュース)
JR西歴代3社長の「起訴議決」…福知山線事故(読売新聞)
「普天間、閉鎖せず」 返還後も有事に活用(産経新聞)
職員4119人を処分=北海道開発局のヤミ専従問題-国交省(時事通信)
スポンサーサイト

<掘り出しニュース>警告カードを水増し 「上司にほめられたかった」(毎日新聞)

 【埼玉】大宮西署の20代の地域課巡査2人が昨年末、自転車の交通違反者に交付する「警告カード」の交付実績を水増しして上司に報告していたことが県警監察官室への取材で分かった。2人はそれぞれ二十数人分、水増し報告するため、自転車の盗難照会で控えていた個人の名前や住所を流用していたという。県警は3日付で2人を本部長注意処分とした。

 監察官室によると、2人は昨年12月29~30日の勤務中、警告カードの控えの違反者欄に、自転車の登録番号を照会した際に控えていた自転車の持ち主の名前や住所を書き込み、上司に警告カードを交付したとして報告。件数が急に増えたことに気付いた上司が問いただして発覚した。2人は「努力目標を達成して上司に褒められたかった」と話しているという。

 県警は自転車の2人乗りや酒酔い運転を注意するために警告カードを交付しており、控えは処分されるため、名前を使われた人が行政上や刑事上不利益を被ることはないという。【浅野翔太郎】

火振り神事 炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)
<国家戦略室>ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当(毎日新聞)
岩手知事、生方問題でマスコミ批判「異常な取り上げ方だ」(産経新聞)
鳩山内閣支持率30%に急落 危険水域に接近(産経新聞)
<地震>茨城県で震度3=午後7時27分(毎日新聞)

センバツ 「負けて恥」発言の開星監督、処分へ(毎日新聞)

 第82回選抜高校野球大会1回戦敗退後のインタビューで、開星(島根)の野々村直通(なおみち)監督(58)が「21世紀枠に負けて末代までの恥」と発言した問題で、大多和聡宏(あきひろ)校長は25日午前、野々村監督とこの発言について話し合った。同校は世間を騒がせたことを重視しており、同日午後6時過ぎから大多和校長が記者会見を開き、何らかの処分を発表する。

【問題の発端】センバツ:開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言

 開星は大会第2日の22日、21世紀枠で出場した向陽(和歌山)に1-2で敗れた。野々村監督は23日に大会本部を訪れ「失礼な発言をした。心からおわび申し上げたい」と謝罪し、大多和校長も向陽に出向き謝罪。会見した野々村監督は「向陽や21世紀枠制度を侮辱、批判するつもりはなかった」と釈明したうえで「もう一度やりたい」と述べていた。しかし、同校には苦情や批判の電話が殺到。学校として、この問題を放置できないと判断したとみられる。【岡崎英遠、目野創】

【関連ニュース】
センバツ:「失礼な発言した」…開星・野々村監督が謝罪
第82回センバツ:監督対談 向陽・石谷監督/開星・野々村監督 /和歌山
【試合詳報】開星・向陽戦 ワンプレー速報と写真特集で振り返る
【センバツ特集】全試合組み合わせと詳報
【センバツ特集】これまでの熱戦を写真グラフでみる

京都-門真 第二京阪が全線開通(産経新聞)
特養介護職に医療行為=「たん吸引」など来年度から-厚労省(時事通信)
貨物機炎上 事故から1年 成田で追悼行事(毎日新聞)
山手線内回りも運転再開(時事通信)
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か-京都・舞鶴(時事通信)

<朝日新聞>南日本新聞に委託印刷(毎日新聞)

 朝日新聞社は19日、宮崎県南部と鹿児島県の一部向けの新聞約3万8000部の委託印刷を、南日本新聞(鹿児島市)の印刷工場で始めたと発表した。これまでは関連会社の福岡工場で印刷していたが、08年11月に両社間で委託印刷に基本合意していた。

【関連ニュース】
中国:朝日新聞の報道を否定 「北朝鮮に圧力」の記事
NEWS25時:中国 朝日の「圧力」報道否定
個人情報:朝日新聞販売所の読者情報7000件が流出--大阪・和泉

両陛下と皇太子ご一家がご昼食(産経新聞)
結果次第で見直し?6月までに子ども手当試算(読売新聞)
今月末に日米外相会談 国務次官補は来月訪日意向(産経新聞)
福島消費者相、原子力委員人事に署名=社民対応は今後議論(時事通信)
山手線外回り、運転再開=JR東(時事通信)

秋葉原無差別殺傷 きょう第6回公判(産経新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(27)の第6回公判が15日午後1時半から東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれる。今回は目撃者3人の証人尋問が行われる。

 公判では、目撃者や被害者、遺族、鑑定医など計42人の証人尋問が予定されている。

 加藤被告は初公判で事件の事実関係を認めたが、弁護側は責任能力を争う姿勢を示した。しかし、冒頭陳述では、どのような手法で責任能力を争うかについては明らかにしなかった。

 起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか10人にけがを負わせたなどとしている。

【関連記事】
(4)迫るトラック、友人が背中を押し「自分を救ってくれたと思う」 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言
(3)「頭にべっとりと血だまりが」被害者の調書が事件を再現 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
(2)アニメ好きの4人組、映画帰りに「突然トラックが…」 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
(1)「その見取り図作成は忘れました」 証人の警察官が正直に“告白” 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
20年後、日本はありますか?

<エキスポランド>跡地活用案、大阪府が公募 機構廃止にらみ、主導権狙う(毎日新聞)
押尾被告に麻薬譲渡、泉田被告に懲役1年判決(読売新聞)
隠れ大イチョウ、根付き可能性は「90%」(読売新聞)
築地市場移転、土壌汚染問題 都「無害化実験、8割成功済み」(産経新聞)
<札幌7人焼死>現場前に献花台、不明者の家族合掌(毎日新聞)

有事の核持ち込み、容認せず=岡田外相発言に不快感-平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は17日午後の記者会見で、日本有事の際に米国から核兵器持ち込みの要請があった場合の対応について、「政府として容認するという立場にない。非核三原則を守るということは、鳩山由紀夫首相も発言している」と強調した。岡田克也外相は衆院外務委員会で「その時の政権が判断する」と答弁しており、双方の違いが明らかになった。
 平野氏は外相発言について「(核持ち込みを)容認するという発言ではないのではないか」としながらも、「どういう有事のことを言っているのか、よく承知していない。たらればのケースで政府が言及することは控えないといけない」と不快感を示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

汚染土壌の無害化は可能=豊洲市場予定地の実験で報告-東京都(時事通信)
自宅から大麻、コカイン押収 JAYWALK・中村容疑者(産経新聞)
国民新党、事前面接に反対=派遣法、社民と共同歩調(時事通信)
東北で強い揺れ 福島で震度5弱 緊急地震速報発令(産経新聞)
市営地下鉄「衝突の恐れ」=駅手前で緊急停車-ポイント乗り越えも・大阪(時事通信)

元学校事務職員ら逮捕=架空請求、45万円詐取容疑-愛知県警(時事通信)

 教材を購入したと架空請求し、名古屋市教育委員会から約45万円をだまし取ったとして、愛知県警捜査2課と中署は13日、詐欺容疑で、元市立中学事務職員川村覚(40)=同県小牧市大山=と自営業上野修司(45)=名古屋市中村区向島町=両容疑者を逮捕した。
 中署によると、2人は容疑を認め、川村容疑者は「釣り道具を購入したかった」と話しているという。
 2人は「2000年ごろから昨年まで計約2000万円やった」などと供述しているといい、同課などが調べている。 

【関連ニュース】
就職資金融資悪用、175万円詐取=容疑で男4人を逮捕
山内衆院議員の元秘書再逮捕=4000万円詐取容疑
山内衆院議員の元秘書再逮捕へ=融資名目で4000万詐取容疑
融資担保名目でカード詐取=家電購入で8000万超被害か
桑名市課長、詐欺で逮捕=架空投資話で4000万円

地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
<皇太子さま>ガーナとケニアから帰国 愛子さま姿見せず(毎日新聞)
田中真紀子氏、首相を酷評 小沢氏は称賛(産経新聞)
<三菱自動車>欠陥隠しで有罪へ 元会長は不満あらわに(毎日新聞)
国内最後の空港? 茨城空港が開港 (産経新聞)

地元反対決議でも理解求める=普天間移設で平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は8日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)移設案に名護市議会が反対を決議したことに関し、「決議があってもその決議を超えてやっていただかなければならない場合は(ある)。沖縄に限らず、地域の自治体に理解をいただくためにお願いをしなければならないケースはある」と述べた。 

【関連ニュース】
普天間、県内なら謝罪を=自民・大島氏
米、普天間現行案決着へ圧力=日本側の絞り込み前に神経戦
自民幹事長発言を批判=北沢防衛相
首相発言「決意の表れ」=輿石氏
普天間、県内移設に断固反対=共産・志位氏

<コンクリート橋脚>プラスチック繊維で強度増…砂利の代替(毎日新聞)
新潟市美術館 館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視(毎日新聞)
小沢氏、内閣・民主支持率低下でも「参院選とは別次元」(産経新聞)
<防犯ボランティア>団体数、参加者ともに過去最多 09年(毎日新聞)
<掘り出しニュース>ご注意!「カラカラ」 タイヤの異音点検中、車盗難が9件(毎日新聞)

雑記帳 八光さんらが「落語まつり」の宣伝隊結成 大阪(毎日新聞)

 「第1回上方落語まつりinミナミ」を広く宣伝しようと、キャンペーン隊「上方落語ボーイズ」が結成され、3日、大阪・法善寺水掛不動尊で成功祈願した。

 まつりは、上方落語の笑いで大阪を元気にしようと、吉本興業、松竹芸能、米朝事務所の3社が垣根を越えて企画。大阪・ミナミを中心に4月28~30日に7会場で開かれる。

 ボーイズは月亭八光さんや桂吉弥さん、桂春蝶さんら30~40代の人気落語家6人が結集。韓国のアイドルグループを意識して「目指せミナミの東方神起」。【濱田元子】

【関連ニュース】
<落語の話題>三遊亭楽太郎さん:六代目円楽を襲名
<落語の話題>質問なるほドリ:落語家の団体はなぜいくつもあるの?
<落語の話題>桂歌丸さん:肺炎で緊急入院
<落語の話題>U字工事・益子:「むちゃくちゃ緊張」響・長友と古典落語に挑戦 WOWOW「落語家Xの快楽」
<落語の話題>上方落語まつり:大阪を笑いで活性化 4月末に16公演

<生物多様性>「国内損失、止まらず」目標は未達成 環境省(毎日新聞)
2ちゃんねる攻撃の韓国コミュニティー 加入者10万人超に(産経新聞)
普天間長引けば日米関係に悪影響…国務次官補(読売新聞)
新潟市美術館 館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視(毎日新聞)
<雑記帳>陸上自衛隊が炊事の競技会 福島駐屯地で(毎日新聞)

“ミロのビーナス”にブラ!?かえって…(読売新聞)

 米ニュージャージー州の家族が、自宅の庭に「ミロのビーナス」をイメージした雪像を作ったところ、近所から「刺激的すぎる」との苦情が寄せられた。

 母親(44)と娘(21)、息子(12)の共作で、苦情を受けた警察官も「よくできている」と絶賛する出来栄えだったが、やむなくビキニと腰巻きをつけることに。

 子供たちは「メトロポリタン美術館でも覆い隠すつもり?」と納得していない。(ニューヨーク支局)

「のぞみ」異臭・白煙1時間…床下で大きな音(読売新聞)
裁判員裁判 「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)
赤坂被告「強くなりたい」 初公判に高い関心、傍聴希望140人超す(産経新聞)
石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら再逮捕(産経新聞)
鳥取不審死、元ホステスを強盗殺人容疑で再逮捕(読売新聞)

<明石市歌>“豪華”にCD化 100枚を販売(毎日新聞)

 兵庫県明石市は、1929(昭和4)年に作った「明石市歌」をCD化した。オーケストラやジャズ伴奏、作曲当初のピアノ伴奏など、10バージョンで収録した「豪華版」。市生涯学習センターは「市の行事だけでなく、広く市民に親しんでほしい」と話している。

 明石市歌は、市制10周年を記念して制作した。作曲は国文学者の尾上紫舟が、作詞は音楽家の岡野貞一が担当。明石の発展を願う先人たちの思いが刻まれている。

 市制90周年記念事業の一つとしてCD化。明石フィルハーモニー管弦楽団とジャズピアニストの木村卓也さんら2団体と個人3人が協力した。ジャケット・盤面は画家の須飼秀和さんの作品「子午線のまち」と「明石のお城」を採用した。

 300枚発行。市立小中学校などに配布する。うち100枚は1枚500円で販売する。

 問い合わせは市生涯学習センター(078・918・5603)。【南良靖雄】

赤ちゃん型ロボット開発=はいはい、顔の表情も-阪大など(時事通信)
19億円脱税容疑で公認会計士を起訴 GWG脱税事件(産経新聞)
<訃報>高橋進さん61歳=東京大教授、国際政治史(毎日新聞)
<3閣僚遅刻>鳩山首相「緊張感足りない」(毎日新聞)
鳩山・小沢会談が終了(産経新聞)

首相、小沢氏と会談 「政治とカネ」対応協議(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日午後、首相官邸で民主党の小沢一郎幹事長と会談した。首相が小沢氏に要請した。平成22年度予算案が同日夜、衆院を通過することを受け、子ども手当創設法案、国会審議活性化関連法案など重要法案の処理や、夏の参院選の候補者擁立とマニフェスト(選挙公約)づくりの作業について話し合ったとみられる。

 また、公明党が24日に首相に手渡した介護制度改革案についても意見交換される見通し。

 北海道教職員組合(北教組)による民主党の小林千代美議員側への違法献金事件や、首相と小沢氏の「政治とカネ」の問題への対応や、企業・団体献金の禁止問題も協議する。

 2月の長崎県知事選や東京都町田市長選では、小沢氏のからむ「政治とカネ」の問題が敗因となり、前原誠司国土交通相ら一部閣僚から、参院選前の幹事長辞任を期待する発言が出ている。このため、首相と小沢氏の会談がセットされた1日には幹事長辞任の申し出があるのではないかとの憶測を呼んだが、民主党幹部は同日夜、「そんなことはありえない」と否定した。

 前原国交相は2日午前の記者会見で、小沢氏の進退に関し「どうすれば参院選に勝てるのか、自らが判断するのではないか」と述べ、自発的な判断に重ねて期待感を示した。

覚せい剤、「着ぶくれ」で発見=体巻き密輸、容疑で逮捕-北海道(時事通信)
<雑記帳>親善交流戦でチェ・ジウさんが始球式 福岡(毎日新聞)
<はちみつ>ふたから基準超える鉛成分 12万本を回収(毎日新聞)
「絶対、海に近づかないで」鳩山首相も呼びかけ 大津波警報で(産経新聞)
昆布・カキ・ノリ、津波で養殖施設に深刻被害(読売新聞)

<ひき逃げ?>部活から帰宅途中の高校生 路上で死亡 岐阜(毎日新聞)

 2日午後9時20分ごろ、岐阜市粟野東の市道で、同市太郎丸新屋敷、県立華陽フロンティア高校2年、児玉朋也さん(17)が頭から血を流して倒れているのを車で通りかかった人が見つけ、119番した。児玉さんは病院に搬送されたが、脳挫傷で約7時間後に死亡した。現場近くには壊れた児玉さんの自転車が倒れており、岐阜県警岐阜北署がひき逃げ事件として調べている。

 同署によると、現場は「高富街道」と呼ばれる片側1車線の直線道路。自転車の後部が激しく損傷していることから、走行中に後ろから車にはねられたとみている。児玉さんは部活動から帰宅する途中だった。【三上剛輝】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:自動車盗容疑で再逮捕 ブラジル人の4人
交通事故:ひき逃げされる?男性死亡 東京・東大和市
ひき逃げ:タクシーに引きずられ女性重傷 運転手を逮捕
名古屋ひき逃げ:同乗の3人、処分保留へ
名古屋ひき逃げ:運転の男を起訴 危険運転致死罪

大津波警報 三陸沿岸に最大3m 第1波は午後1時半(毎日新聞)
証言拒否でやむなく…4検事4役「熱演」3時間(読売新聞)
<浅草の高層マンション>都条例不適合に検査員が確認済証(毎日新聞)
公認会計士の深刻就職難 合格者700人あぶれる(J-CASTニュース)
<地震>沖縄で震度5弱=午前5時31分(毎日新聞)

<チリ地震>Jアラートで誤報 解除後に再び発令(毎日新聞)

 南米チリで発生した津波で、人工衛星経由で市町村の防災無線に警報や注意報を自動通知する「全国瞬時警報システム(Jアラート)」の一部に不具合が発生していたことが2日、総務省消防庁の調べで分かった。注意報が解除された地域に、誤って注意報の発令を流していたケースが確認された。同庁はシステムを導入している281市町村で、同様の不具合がなかったか調査に乗り出す。

 同庁によると、1日午前8時40分に津波注意報が解除された神奈川県茅ケ崎市で、同時刻に防災行政無線が「津波注意報が発表されました」と放送。市は15分後に誤報と訂正する放送を流した。システムの不具合が原因の可能性もあるという。

 また一部地域では大津波警報から津波警報に切り替わった際、防災行政無線から津波警報が改めて放送され、住民が混乱するケースがあった。Jアラートは気象庁から警報や注意報が発令されるごとに自動的に放送するため、警報への格下げでも放送が流れた。同庁は格下げの場合に放送が流れないシステムの導入などを検討する方針。【石川貴教】

【関連ニュース】
津波:避難の3400人帰宅、危機管理に課題も…東海地方
津波:養殖のワカメ、カキに打撃
津波:警報、注意報すべて解除 養殖棚などに被害
チリ地震:政府、最大2億7千万円の無償資金協力決める
チリ地震:医療チーム派遣 鳩山首相が方針

藤川市議も津波で“被害” 八戸市のイベント中止に(スポーツ報知)
<民主党>小沢幹事長と菅副総理 囲碁対決実現に政界が注目(毎日新聞)
三重交通伊勢営業所
「日本一早い」ハウスで桃の花見 山梨(産経新聞)
橋下知事 大阪市長と激論 生活保護や府市統合構想など(毎日新聞)

大阪市長、小沢幹事長らに生活保護制度の抜本改正を要望(産経新聞)

 大阪市の平松邦夫市長は25日、受給世帯が急増している生活保護について、国の失業者対策を拡充し、保護費の受給前に求職活動や職業訓練を義務付けるなど抜本的な制度改正や、全額国庫負担を求める要望書を民主党の小沢一郎幹事長や山井和則厚生労働政務官らに提出した。

 市では1月現在、市民の20人に1人が生活保護の受給者。新年度予算案では保護費は過去最高となり、歳出に占める割合が2割に迫った。平松市長は要望後の記者会見で「保護費の4分の1を負担するため、保護が急増している全国の自治体で同じ問題が起きている。今後も粘り強く国に現実を訴えたい」と述べた。

【関連記事】
自称「キタの父」詐欺で逮捕 占い師?テレビや雑誌にも
生活保護費を出し惜しみ? 資産調査で行政に不備も
内妻が虚偽申請、生活保護費753万円詐取 無職男を逮捕
大阪市、累積赤字2720億円に増大 税収さらに減640億円
生活保護費不正受給の暴力団組員を逮捕 兵庫県警 5年間で2千万円

<春一番>北陸各地で風速10超す 09年より9日遅く(毎日新聞)
<柳田邦男さん>伝記絵本を翻訳…マータイさん「感謝!」(毎日新聞)
<徳島バス>県内2路線を9月末で廃止 高速道割引で減収(毎日新聞)
週1回、記者会見を開放=事前登録で参加認める-行政刷新相(時事通信)
大津波・津波警報 岩手県・久慈港で90センチ観測(毎日新聞)
プロフィール

えがみひでゆき

Author:えがみひでゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。